綾辻行人『水車館の殺人』

「館シリーズ」の第二作である本書「水車館の殺人」。

今回もネタバレ有無両対応で書いていきます。

シリーズのその他の作品についてはコチラ

仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。

1年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?

密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは……!?

作品紹介

今度の舞台は人里離れた場所に建つ巨大な水車の回る館。

そこに住まうのは仮面で顔を隠した当主とその妻である美少女、その執事ら。

水車館には幻想画家・藤沼一成のあらゆる作品が集められている。

年に一度、限られた者のみが呼ばれ、作品を見ることができるのだ。

1年前のその日に起きた不可解な惨劇。

今年もその日がやってくる。

前作で登場した島田潔も加え、過去と現在二つの視点から謎を追う。

前作同様に舞台も演者も文句なし、王道を征く本格派な推理小説です。

感想

前作とは違う性格を持った緻密な作品、これが本書の第一印象です。

「十角館の殺人」は読者の意表を衝く展開で衝撃を与える作品でしたが、今作は非常にロジカルで伏線なども細かく張り巡らされていました。

舞台だけでなく、内容も王道なミステリーですね。

なので、前作が肌に合わなかった人でも楽しめるかもしれません(逆もまた然りですが)。

前作のインパクトが強すぎて、悪く言うと地味な感じですが、個人的には今作の方が好きかも。

特に自分で推理することを楽しみたい人にはピッタリだと思います。

ただ、難解さという点では決して高くない、ミステリー好きの人にとっては簡単で物足りない可能性が。

もう一つ、本書の魅力を挙げると、世界観とか雰囲気の表現が素晴らしい。

前作でも思ったことですが、綾辻氏の描く文章にはすごく惹きつけられてしまう。

舞台や事件の空気を味わうこと、それもミステリーの醍醐味の一つだと思います。

島田潔が再登場しましたが、彼がシリーズの探偵役ということでいいのかな?

次巻も早く読まなきゃ(使命館)

Q: どこまでが「出題編」?

A:インターローグまでが「出題編」と思います(個人的な感覚です)


以下はネタバレを含む内容になります。未読でない者のみがクリックせよ。

開く

「いかにも」な本格探偵小説

綾辻氏はあとがきで、「本作の執筆にあたって念頭にあったのは、前作が不意打ちの驚きを狙ったような作品であったのに対して、今度は与えられた手がかりから論理的に真相を導き出せるものを、という想いであった」と述べています。

前作でうまく体を躱されてしまった「探偵気取り」(私)にとっては心待ちにしていた、作者にとっては一発屋ではない確かな実力を持つことを示す作品であったと思います。

言うほど簡単ではない

本書のレビューなどを見ると、「簡単すぎる」とか、「すぐに犯人がわかってしまった」といった類のものが多かった。

確かに、いかにもな状況から奇を衒うこともなく真相に導いたことは、特に前作に熱狂した人ほど落差を感じるかもしれない。

しかし、そういった人たちの中の一体どれだけが、一切の矛盾なく、島田曰く「しっくりしない」感覚を解消した結論(真相ではなかったとしても)を組み立てられていただろうか。

犯人と大まかなトリックを当てることだけなら難しくない、でもそれは試験でいえば大問中の小問1を解いただけ、反芻すべきはその先、細やかな事象や伏線とそれを結びつけることではないだろうか。

随所に仕掛けられた手がかりを丁寧に拾い集めて真相に辿り着ける、非常にフェアで奥の深い作品という印象。

正面から挑戦状を叩きつけてくれた本作、「なんとなく」で読み飛ばすにはもったいなさすぎると思います。

推理の過程

自分の推理を答え合わせすると、75点くらいといったところ。

前提として、前作の傾向から、犯人であっても主観を偽らないということ(保証はないが)を頭の隅に置いていた。

本書を読むにあたって、仮面で顔を隠した主人、これだけでトリックの影がチラついて頭を離れない。

過去と現在で人称が異なっていることは第二章の時点で気づけた、さらに注意深く読み進めれば過去でのみ「紀一」と明示されていることもわかる。

まず、文江の転落について、可能性としては以下が考えられた。

  1. 可能であった誰かが突き落とした
  2. 倉本が主観を偽っている
  3. 時限装置を用いた犯行

最初に深く考慮したのは3番目の可能性、このトリックにエレベーターが関わっているのではないかと。

自分には、より複雑で難解な方へ、犯人はできるだけ少ない方へと推理をこだわってしまう、結論をそう望んでしまう癖があるように思う。

この時点では手がかりが少なくて犯人を絞れない。

次に古川の消失~死体の発見について。

私が今回一番苦心したのが由理絵の扱いであった。

すなわち、由理絵は共犯者なのか?という一点である。

本来なら当然疑われる立場の人間ほど後回しに考えようとする思考と、由理絵の境遇への移入から簡単な結論を避けようとし続けてしまった。

もし由理絵が共犯ならば話は早い、死体の分割という発想は窓の特徴の細やかな描写などから至っていた。

問題はその後の由理絵による目撃証言、由理絵が共犯でないのならば、もう一人協力者か古川の生存が必要になってくる。

古川を生きたまま脱出させることができれば、古川・正木の共犯(からの裏切り)が成立するのだが、どうしても思いつかない。

ここから迷走が始まった。

なんとか捻り出したのが、「由理絵は途中から犯人を庇い始めた」という推理であった。

筋書きとしては、文江を突き落とし古川を分割によって消したのが正木。

正木はどこかのタイミングで由理絵に云った「古川と絵の消失は狂言である」。

何らかの事情で絵の消失を演じなければいけないのだ、協力してほしいと。

それに紀一が噛んでいた設定だったかは不明。

それに応えて嘘の証言をしたのが由理絵、正木もそれに続く。

倉本が聞いた不審な音は人体を切断するときの音。

紀一を殺し入れ替わった正木、次に紀一の姿で由理絵と会ったとき彼女が驚いたようだったのは、この時点で由理絵が正木の真意に気付いたからである。

正木に好意を抱いており、紀一によって課された境遇に複雑な感情を持っている(かもしれない)由理絵は、彼の行為を見過ごすことを決めたのだ。

引き続き現在、三田村と朋子の死は正木犯人説に依れば明快、やはりネックは由理絵の行動である。

ここで仮説、時期は不明だが三田村は過去の事件の真相に気付いていたのではないか。

それをネタに由理絵に対して脅迫を行っていた。

由理絵はそのことを正木に伝えなかった、なぜか?

やはり由理絵は外の世界への憧れが消せなかったのだ、外の人間と接点を持つことに魅力を感じてもいたのか。

脅迫状は三田村、あるいは由理絵が出したものかもしれない。

以上が大まかな私の結論。

納得できないこともないと思っていたが、やはり振り返ってみると引っかかる部分も多い。

伏線も拾い切れていないし、絵を取り去ったのは誰かという疑問については正直失念していた。

なぜ自分はここまで由理絵を庇おうとしていたのだろうか、多分「その方が面白いから」に過ぎないのだけど。

トリックについて

本作品の「トリック」は大きく2つ、古川の消失と人間の入れ替わりでした。

前者については特に語ることもない、これぐらいしか思いつかないといった当然の帰結だと思います。

曲者は後者でした、記録によれば警察は死体を正木のものと断定したとあります。

その根拠は「落ちていた薬指と死体の欠損が一致した」とのこと。

この一致というのが何を指しているのかが不明瞭で、同じ人間のもの、という意味であればまた話は違ってきます。

これによって随分余計な想像を膨らませてしまいました。

そもそも本当にばれないの?という疑問もありますが、倉本の性格や、指の欠損についてはパイプの持ち方やピアノの件など、免罪符も用意していますので許されるかと。

その他

本作では島田潔が探偵役として登場しました。

探偵役のキャラクターというのは結構重要な要素だと思っていたのですが、今回ではまだ確立していない印象。

というか、このシリーズに関しては殺人の舞台、館こそが主役であるように感じられ、これぐらいの立ち位置でいいのかなと思ったりします。

前作でも思ったことですが、それ以上に今回は島田の優秀さに驚かされました。

探偵が少しづつ手がかりを手に入れ真相に近づいていく、といった描写ではなく、いつのまにか真相に至っているような感覚を受けます。

それは彼の主観が書かれないからでしょうか、探偵読者には好ましい体なのかも。

犯人が暴かれてからは必要以上はあまり多く書かない、というコンセプトも感じます、偶々でしょうか。

ラストについてはオカルト的な要素も取り入れていましたね、これは両論ある点と思いますが諸々含め次作に注目です。

地味な凡作とも言われているようですが、衝撃の前作を受けた2作目にして、じっくり腰を据えた方向性の作品に仕上げて頂いたことは賞賛したい部分であります。

スポンサーリンク
google adsense



google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense