綾辻行人『館シリーズ』の紹介 順番は?あらすじ・感想など

館シリーズとは

「館シリーズ」は綾辻行人氏による「十角館の殺人」を第一作とする推理小説です。

日本を代表する推理小説であり、後に大きな影響を与えた作品と言われています。

建築家・中村青司に関わる建物を舞台に起きる殺人事件。

どれも特徴的でミステリーの舞台として文句なし。

ここでは、各作品のあらすじや感想などを紹介していきます。

興味を持った方は是非読んでみてください。

※自身の読書状況に応じて随時更新します

順番は?

現時点でのシリーズは、

  • 十角館の殺人
  • 水車館の殺人
  • 迷路館の殺人
  • 人形館の殺人
  • 時計館の殺人(上・下)
  • 黒猫館の殺人
  • 暗黒館の殺人(一・二・三・四)
  • びっくり館の殺人
  • 奇面館の殺人(上・下)

の9作品で、次の最新刊で完結するらしいです。

独立に見ることもできますが、個人的には順番通りに読み進めることを強くおすすめします

「十角館の殺人」が出版されたのが1987年ですから、かなりの長期執筆になりますね。

最終巻はどんな昨品になるのかとても楽しみであり、同時に寂しくも感じます。

各作品の紹介

十角館の殺人

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。

館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。

やがて学生たちを襲う連続殺人。

ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

シリーズの第一作であり、氏のデビュー作、そしてもっとも有名な作品です。

王道ともいえる舞台設定と、衝撃的な展開。

賛否両論ありますが、一読の価値あり、読まなきゃ損の名作だと思いますよ。

(もう少し詳しい紹介、感想・考察など:ネタバレ有り無し両対応)

水車館の殺人

仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。

1年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?

密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは……!?

前作に続きミステリーの王道を征く舞台設定。

非常に丁寧な構築と、情景の描写が魅力。

地味とか言われることもありますが、腰の据わった味わい深い一冊です。

迷路館の殺人

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。

招かれた4人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった!

作中作の様式で描かれる「迷路館の殺人」、犯人は誰か?作者は誰か?

仕掛けの衝撃度は十角館に匹敵するかもしれません。

作者の多大な遊び心を感じる作品です。

人形館の殺人

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷――顔のないマネキン人形が邸内各所に佇(たたず)む「人形館」。

街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。

彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読み(カウントダウン)はすでに始まっていた!?

シリーズの異色といわれる作品。

人間の内面の巧な描写が大きな魅力。

異色の中でこそ作者の本質が見えてくる、ファンなら必読です。

時計館の殺人

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。

角島(つのじま)・十角館の惨劇を知る江南孝明(かわみなみたかあき)は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。

館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。

閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!

個人的に大好きな作品。

丁寧な世界観の構築と周到で堂々としたミステリー。

これは時計館の物語。

黒猫館の殺人

大いなる謎を秘めた館、黒猫館。

火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬(あゆたとうま)の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実(ししやかどみ)と江南孝明(かわみなみたかあき)は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。

深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!?

”作者の意図”を強く感じる作品。

巨大な仕掛けと隠されたメッセージ。

作品としての構造の美しさに惹かれます。

暗黒館の殺人

蒼白い霧に峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。

忌まわしき影に包まれた浦登家の人々が住まう「暗黒館」。

当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。

十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴…。

全四巻、桁違いのボリュームで描かれる暗黒の世界。

謎と狂気と悪意に満ちた闇の先に見えるものは?

暗黒館へようこそ。

びっくり館の殺人

リリカは何の子? 悪魔の子!?
すべての世代の“童心”に贈る 謎(ミステリー)と驚き(サプライズ)のおもちゃ箱!
少年の日の、極彩色の悪夢――あの密室殺人の真犯人は誰だったのか!?

あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。

館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが……クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇! 悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?

少年少女の読者も楽しめるように書かれた作品。

しかし内容は綾辻流とダークな雰囲気が全開。

童心に還って読みたい一冊です。

奇面館の殺人

季節外れの吹雪で孤立した館、奇面館。

主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。

主人の〈奇面の間〉に転がっていたのは、頭部と両手の指を切り落とされた凄惨な死体。

六人の仮面には鍵がかけられていた。名探偵・鹿谷門実の圧巻の推理が始まる!

疑心渦巻く特殊すぎる舞台設定。

それでも綾辻ワールドにしてしまうのが氏の剛腕。

鹿谷による推理劇も大きな見どころの作品。

スポンサーリンク
google adsense



google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense