綾辻行人『十角館の殺人』

綾辻行人氏の「館シリーズ」、そのなかでも最も有名なのが第一作であり、氏のデビュー作でもあるという本著「十角館の殺人」です。

読み終えての感想や考察、疑問点などを書いていこうと思います。

ネタバレ無しだと書けることが少ないですが、一応両対応にしますので、未読の方は選書の参考に、すでに読み終えた方は是非感想など書いていってください。

シリーズのその他の作品についてはコチラ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

作品紹介

物語の舞台は”いわくつき”の孤島、角島。

この島にやってきたのはある大学のミステリ研のメンバーたち。

彼らはお互いのことをそれぞれ有名なミステリー作家の名前を借りて呼び合っている。

島には十角形の形をした館「十角館」があり、彼らはそこで過ごす。

外部と連絡の取れない、クローズドサークルの状況で起きる連続殺人。

そして、この島で起きた過去の惨劇を追うもう一つの視点。

これがミステリーだ!と言わんばかりの王道設定。ワクワクが止まりません。

感想

”たった1行”が世界を変えた!

これは本著の紹介などでよく言われるキャッチコピーですが、偽りはありません。

私の場合も「その時」は唐突に訪れました。

戸惑いや驚き、寂しさなど、いろいろなものが一度に押し寄せてくるあの感覚。

きっとこの本を読んだ方はその至福の瞬間を味わえることと思います。

この作品はその1行のためにある、といってもいいかもしれません。

文章も上手く、物語にどんどん引き込まれ、あっという間に読み終えてしまいました。

本当は「自分で謎を解いてやろう!」と思って読み始めたのですが、物語を読むのに夢中になってしまい、気づいたら終わっていた・・・という感じです(負け惜しみ)。

作品としては賛否両論あるようですし、人を選ぶ部分は結構あると思いますが、個人的には一度読んでみることをおすすめします。

突っ込みたいところや不満な点もありましたが、とても面白く、刺激的な作品でした。

次巻の「水車館の殺人」も読むのがすごく楽しみです。

Q: どこまでが「出題編」?

A:第九章までが「出題編」と思います(個人的な感覚です)


以下はネタバレを含む内容になります。未読の方は絶対に見ない方がいいです。大切なものを失くしてしまいますので。

開く

ー敬愛すべき全ての先達に捧ぐー

本書を開いて一番最初に飛び込んできたこの言葉。

もうね、感動ですよ。涙ちょちょぎれますね。

著者は作家としてではなく、読者としてもきっとミステリーが大好きなんでしょうね。

偉大なる先人たちへの熱いリスペクトと感謝が伝わります。

これがデビュー作というのもまた何とも言えない気持ちになります。

トリックについて

この作品では、殺人方法自体にはトリックといえるものはほとんどなかったように思います。

やはり、”例の1行”に集約される読者の誤認(叙述トリックというものらしいです)に尽きます。

これについては賛否が大きく分かれそうですが、小説以外、例えば映画とかでは絶対できませんよね。

このトリックの素晴らしきは、これが我々読者のために用いられているということ。

本来ならこの手の一人二役は観客には魅せられません。

それをどうにかして小説の形で読者に届けられないかという模索の答えがニックネームと本名の使い分けなのだと私は考えます。

推理は可能か?

私は自力で謎を解くつもりだったので、前評判の影響もあり、最初は注意深く読んでいました。

心情として、犯人は7人の中にいてほしいと思っていました、その方が面白いから。

しかし、島でのパートと本土でのパートが交互に描写される意味を考えると(メタいですが)、本土の人間が犯人、もしくは犯行に関わっているはずだと考えます。

疑わしかったのはまず中村紅次郎、そして守須恭一。

江南らのもとに届いた手紙の内容が事実であるならば、「千織の父親」としてまず考えられるのは紅次郎ですし、守須はアリバイのない時間が多い。

また、守須のニックネームが明らかにされないことも引っかかってはいました。

ミステリー通の人は守須=モーリス・ルブランという刷り込みにあってしまうそうですが、幸か不幸か私はそこまで詳しくなかったので。

そんなことを考えたりしながら、物語に引き込まれた私はきちんと整理する間もなくタイムリミットになってしまいました。

さて、この謎を解く上で鍵となりうることを挙げると、まず7人がお互いをニックネームで呼び合っていること。

ここになんらかの意味があるかもしれないと考えることは難しくない。

問題はそれをどこに結びつけるか。

次にルルウの死とその後のエラリイの推理。

ルルウの死の状況は明らかにほかのものとは異質で、犯人にとってもイレギュラーであったことは想像できる。

さらに、その後にエラリイはそれが意味することを丁寧に説明してくれている。

つまり、外部犯の可能性の示唆である。

そして、そもそも犯行を為せるのは角島についてある程度は見識のある人物の可能性が高い。初めて島に来た人間がスムーズに殺人を重ねられるかという疑問もあるし、青屋敷の地下室の存在や十一角形のカップ(こちらは後から気づいたと守須が述べているが)のこともある。

これらを合わせると考えられる候補は中村青司、紅次郎、守須、ヴァンあたりか。

私の考え付く限りでは守須=ヴァン=犯人を断定できる確たる証拠は存在しないように思う。

しかし、可能性の一つとしてならば、時系列を丁寧に整理すれば、その考えに至ることは不可能ではないだろう。

どちらも同じ銘柄の煙草を吸っている、といったヒントはあったようだ。

読者が気付くことはできても、論理的に解くことを前提にしていない(あくまで私的な印象だが)という意味では、謎に挑もうとしていた身からすると残念に感じるところがあったし、好みが分かれる部分かもしれない。

「探偵」は誰か

「うみねこのなく頃に」というゲームの影響を強く受けている私は、「探偵」は誰なのか?ということをずっと考えていました。

すなわち、探偵、あるいは完全な第三者以外の発言・主観は信用しないという姿勢です。

プレートの存在から、いずれは誰が探偵役であるのかはわかるだろうと思っていました。

そして、その誰かは華麗に事件を解決してみせるのだと。

しかし、実際に真相を明らかにしたのは犯人による語りでした。

エラリイや江南、島田など探偵のように臭う人物はいましたが確信には至りません。

島田は最後の場面では、真相に辿り着いていた可能性が高いと思います(てかこの人有能すぎませんか・・・)。

持論ではこの作品の「探偵」は読者自身です。

本著内で描写されたこと、つまり読者が見たことはある意味ではすべて事実なのですから。

もし真相への確たる証拠と手がかりを提示していたのならば、この作品は「読者への挑戦状」としてまた違った評価をされていたのでしょうか。

疑問点や不満など

最後に、特徴ある作品なだけに不満なども出てきます。

まず、島での展開が犯人にとって都合がよすぎるということ。ヴァンは他のメンバーからもっと疑われてもおかしくない立場だと思いますし、ルルウの殺害時などは誰かが来ていたらどうしていたのかとも思います。

また、殺人方法についても何らかのトリックを用いてほしかったです。せっかく役者が揃っていて「十角館」という舞台まで用意されているのですから。自分なんかは館の構造を利用したトリックとかが出てくるかと期待していたのですが・・。密室・アリバイなど、島内での推理合戦があればもっと盛り上がったのではないでしょうか。

他にも、犯行の動機が弱いことはプロローグで壮大な因縁を感じていただけに落差が結構でかい。猫島がミスリードのためだけの存在になっていること。後半でのエラリイの道化師ぶり、もっと切れ者のイメージだったのですが。

こんなところでしょうか。こういったマイナスな点を踏まえても、とても意義のある、「世界を広げてくれる一冊」だったと思いますね。

スポンサーリンク
google adsense



google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense