短編推理ノベルゲーム『中夜の考察』

サークル「言ノ葉迷宮」の短編推理ノベルフリーゲーム「中夜の考察」をプレイしました。

本作は決められた素材のみを使ってゲームを作る「シナリオの鉄人」という企画に投稿された作品らしいです。

短編で軽く遊べるくらいのボリュームですが、濃密で面白かった。

印象的だったのは読みやすいけどなんとなく上品なテキストでしょうか。

「言ノ葉迷宮」という名がしっくりくるようなそんな感じです(適当)

伏線の撒き方も上手く、小さな違和感が裏返る感覚や読み返したときの納得といったミステリーの楽しさを味わえました。

ゲームとしては最後に犯人や手掛かりをキーボード入力するタイプ 

ヒントも用意されているので詰まることはなさそうです。

プレイ時間はながらのノーヒントで一時間ぐらいでした、軽く読むだけなら15分程度かな

個人的には結構充足感のある作品だったと思います、おすすめです。

若干に人を選ぶ部分はあるかも?

スポンサーリンク
google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense