二階堂黎人『悪霊の館』

二階堂蘭子シリーズの作品「悪霊の館」の紹介と感想など。

ネタバレ有無両対応です。

作品紹介

資産家の一族が暮らす「悪霊館」で老女の遺言を発端に起こる猟奇的事件。

魔術的な装飾に彩られた密室の首なし死体、館を徘徊する甲冑と女の亡霊

憎み合う一族の面々、警察の介入を拒む当主の真意は?

悪霊の正体と隠された館の真実を求めて蘭子が動き出す

色々楽しめる風呂敷の広い作品です。

感想

今作を読み終えてまず感じたのが、非常に多くの要素を持つ作品だったことです。

メインとなる殺人から金持ち一族の確執に、舞台となる悪霊館自体に秘められた謎。

さらに本作では幕間の小話があり、蘭子による「密室講義」も繰り広げられます。

ミステリー好きには嬉しいモノがたくさん詰まった作品といえるのではないでしょうか。

割と分量のある作品で、少しごちゃごちゃしている感じも受けましたが、決して読みにくさはなく、むしろドンドン読み進めることができました。

ただし振り返ってみると、分量のわりには強く印象に残るようなことがあまりなく、浅く広い作風、悪く言えばまとまりのないような感じもします。

個人的にはこれまでのシリーズと比較すると若干落ちるかなぐらいの評価、無論面白かったです。


以下ネタバレを含む内容。私は時に《真実》の隠匿者なのです

開く

本作の大きな柱となるのが密室の謎と死体の身元についての謎でしょう。

密室破りは派手さこそありませんが、きっちりと仕上げられており装飾によるカモフラージュとの兼合いも見事だと思いました。

死体を活用した入れ替わりについては相当な手際の良さではありますが、やはり読者としては真っ先に疑っていく箇所なので意外性は薄かったですね。

面白かったのが時計塔からの墜落事件の方です。事件の本筋へのノイズの役割を果たしつつ、悪霊館の謎と密接に結びついていていく構成。

相当に困難ではありますが、ここまで推理できればとても気持ちが良いでしょうね。

上述したように、少しごちゃついている感じは受けます。

登場人物の多さに対して各人が十分に描写されないまま、どんどん事件が進んでいくので、あまり移入することができなかった点は不満でした。

外部での警察の捜査などよりは、もっと事件の舞台に焦点を当てる方が私は好みですね。

事件後の蘭子によるさらなる考察は毎回楽しみにしていますが、終盤まで見えない部分が多すぎたのでカタルシスは弱め、オカルト要素もインパクトが小さかったです。

総じて惜しい部分が見える作品でもあったと思います。

次巻は本当に楽しみにしていた作品なので気合い入れて挑みたいです。

スポンサーリンク
google adsense



google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense