日本神話をざっくりと解説 【要点・知識まとめ】

意外と知らない人も多い?日本の神話。

とりあえず知っておくと役立つかもしれない要旨や有名所などをかんたんに紹介します。

※初代天皇までの経緯を重点的に、主に古事記の内容に依っています、間違いなどあればご指摘をお願いします。

天地の始まり

五柱の別天津神

いまはむかし、天と地が分かれず混沌としていた頃に現れた造化三神

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)ー原初の神、最高位

高御産巣日神(タカムスヒノカミ)ー「結び」の神

神産巣日神(カミムスヒノカミ)ー同

彼らによって天と地の想像が始まります。また、その途中で更に二柱の神が現れるのですが、

宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)

天之常立神(アメノトコタチノカミ)

これら天地創造に関わった五柱の神を合わせて、別天津神(ことあまつかみ)と呼びます。

国土の形成と神々の出生

神世七代とイザナミ・イザナギ

その後二柱の神が現れ、更に5組の男女のペアの神が現れ、それらを合わせて神世七代と呼びます。

この最後のペアこそが伊邪那岐神(イザナギノカミ)・伊邪那美神(イザナミノカミ)

別天津神によって国土の形成を命じられた二人は与えられた天沼矛を用いて日本の最初の国土淤能碁呂島を作り出しました。

国土と様々な神を生んだイザナミ・イザナギ

淤能碁呂島の柱で二人は初めての夫婦の契りを交わしました。

これにより日本の国土・島々、そして様々な神が生み出されることになります。

ところが、火の神・火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)を生んだ際、イザナミは身を焼かれてしまいそれが元で亡くなってしまうのです。

これを悲しんだイザナギはカグツチを十束剣で殺してしまいます。

黄泉への旅路

イザナミの死を悲しむイザナギは、黄泉の国へ会いに行くことを決意します。

そして、暗闇の中で二人は再開しますが、「決して自分の姿を見てはいけない」という約束を破ってしまったイザナギは、醜い黄泉での姿となったイザナミの姿に驚き逃げ出してしまいます。

これに怒ったイザナミはイザナギを追いかけますが、「3枚のお札」のような逃走劇を経てあの世とこの世の境目黄泉比良坂に辿り着いたイザナギ。

彼は黄泉の入り口を岩で塞いでしまいました。

傷ついたイザナミは「愛しいあなたがこのような仕打ちをなさるなら、私は現世の人を毎日千人殺してしまいましょう」といいます。

それを受けて「ならば私は産屋を立て、毎日千五百の命を生ませよう」と返すイザナギ。

それ以来、この世では一日に必ず千人が死に、千五百の命が生まれるといいます。

禊によって生まれた神々(アマテラス・ツクヨミ・スサノオ)

黄泉から帰ったイザナギは身を清めねばと考え川に入りますが、その際に様々な神を生み出します。※

イザナギが左の眼を洗った時に生まれたのが天照大神(アマテラスオオミカミ)

右目から生まれたのが月読命(ツクヨミ)

鼻から生まれたのが須佐之男命(スサノオノミコト)です。

これを三貴子と呼びます。

彼らの誕生を大変喜んだイザナギは、自らの首飾りをアマテラスに与え天界(高天原)を、ツクヨミには夜の国を、スサノオには海原を治めよといいました。

しかし、スサノオだけはそれに従わずにずっと泣き続けます。

理由を尋ねると、彼は亡き母がいる黄泉の国に行きたいというのでした。

これに怒ったイザナギはスサノオを追放し、自らは多賀に籠ってしまいます。

※神話の世界では男女の交わりに限らず、実に様々なきっかけで子が生まれます。

スサノオの旅路

天界を訪れるスサノオ(天岩戸隠れ)

父イザナギに見放されてしまったスサノオは姉のアマテラスを頼って、高天原に向かいます。

それを知ったアマテラスは、弟が天界を奪いに来たのではないかと心配し、誓約という儀式によって潔白を示させました。

それにより潔白を証明したスサノオは感情が昂ってしまい、天界で様々な乱暴狼藉を働いてしまいます。

その様子を見たアマテラス最初はどうにかポジティブにフォローしようとするのですが、惨状にいよいよ耐えられなくなり天岩戸に隠れてしまいました。

アマテラス奪還作戦

日の神アマテラスが隠れてしまったことにより、世界は闇に包まれ災いが降りかかります。

事態を解決するために神々は話し合い作戦を立てました。

まず太占で占いをし、八咫鏡八尺瓊勾玉を作らせ、それらを岩戸前の賢木に掛けます。

そして、天宇受賣命(アメノウズメ)が激しくセクシーな踊りを始めると、八百万の神々は熱狂し笑い出します。

「世界は闇に包まれているのにどうして賑やかな声がするのだろう」と疑問に思ったアマテラスは戸の隙間を少し開け様子を伺いました。

アメノウズメは「あなたよりも尊い神がいらしたので喜んでいるのです」と云い、設置した鏡の方を示します。

鏡の影が気になったアマテラスがさらに身を乗り出したところを、怪力の天手力男神(アメノタヂカラオ)が引っ張り出し、布刀玉命(フトダマ)注連縄で岩戸の入り口を塞いでしまいます。

こうしてどうにかアマテラスを岩戸から出すことに成功したのでした。

ヤマタノオロチ退治

騒動の後天界を追放されたしまったスサノオ、次に向かったのは出雲国。

そこで腹をすかせたスサノオが訪ねた一軒の家、そこには山の神である大山津見神(オオヤマツミノカミ)の子である、足名椎命(アシナヅチ)とその妻の手名椎命(テナヅチ)、美しい娘の櫛名田比売(クシナダヒメ)が住んでいたのですが、三人とも泣いています。

スサノオが理由を尋ねると、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)という怪物が毎年やってきて八人いた娘を一人ずつ食べてしまった、今年はクシナダヒメの番なのだというのです。

事情を聴いたスサノオはヤマタノオロチを退治することを決め、クシナダヒメを娶りたいと申し出、彼らは喜んで了承します。

スサノオは計を案じ、クシナダヒメを櫛に変えてしまい自らに挿し、強い酒で満たした桶を八つ用意させ怪物を待ち受けました。

やってきたヤマタノオロチは酒を飲み、酔いつぶれて眠ってしまいます。その隙にスサノオは十束の剣で怪物を切り刻んでしまいました。

無事ヤマタノオロチを退治したスサノオ、そのとき切り裂いた尾の中から見事な太刀、天叢雲剣を見つけ出します。

そしてスサノオはクシナダヒメと結婚し、須賀の地に宮殿を建て出雲国を治めたのでした。

大国主の国造りと国譲り

因幡の白兎

出雲を治めたスサノオの六代先の孫が大国主(オオクニヌシ)です。※

オオクニヌシには大変に多くの兄弟がいましたが、因幡国にいる八上比売(ヤガミヒメ)というたいへん美しい娘に求婚しようと揃って因幡国を訪ねることになります。

他の兄弟達は非常に人の好かったオオクニヌシに荷物をすべて持たせ旅に出ました。

その途中、一羽の兎が皮を剥がれて倒れているのを見つけます。

意地悪な兄弟たちは嘘の助言をして、さらに兎は苦しむことに。

遅れてやってきたオオクニヌシが兎に事情を尋ねたところ、

隠岐島から本土に渡ってみたかった兎は計を案じ、ワニザメをうまく騙してここまで来れたのだが、最後に騙していたことを知ったワニザメに報復として皮を剥がれたというのでした。

これを聴いてオオクニヌシが兎を介抱してやると、兎は「他の兄弟たちは決してヤガミヒメと結婚できず、あなたこそが相応しい」と予言をしました。

そしてその予言の通りヤガミヒメは全ての求婚を断り、自分はオオクニヌシと結婚するのだと言い張りました。

※神は複数の名前を持つことがよくあります。オオクニヌシはオオナムチやオオモノヌシをはじめ、特にたくさんの呼び名を持ちます。

スサノオを訪問、国神の長に

それに怒ったのが兄弟たち、オオクニヌシを殺してしまいました。

母の助けによって蘇るのですが、その都度に何度も殺されてしまいます。

事態の解決を試み、紀伊の大屋毘古神(オオヤビコ)の助言を受けたオオクニヌシは、スサノオが治める根の堅洲国(黄泉の国)へと向かいました。

そこでスサノオの娘である須世理毘売命(スセリビヒメ)と出会い、一目で互いを見初め結婚を約束します。

スサノオはオオクニヌシに様々な試練を与えました。

スセリビメの助けを受けながら試練の耐えたオオクニヌシを見て、スサノオは眠りについてしまいます。

その間にオオクニヌシは、スサノオの宝である生大刀生弓矢天詔琴を持ってスセリビメと共に根の国を脱出しました。

あとから追いかけてきたスサノオは、「生大刀と生弓矢で兄弟たちを打ち払い、スセリビメを正妻として国神のリーダーとなって宇迦に宮殿を建てて暮らせ」と云います。

そしてオオクニヌシは兄弟たちを退け、ヤガミヒメとも結婚しましたが、正妻であるスセリビメにヤガミヒメは遠慮していたとか。

オオクニヌシは国造りに着手し、カミムスヒの子である少名毘古那(スクナビコナ)の協力を受けながら無事成功させました。

天界からの使者

そんな豊葦原中国(天界と黄泉の間、地上)の様子を天界から見ていたアマテラスは、天界の者が地上も治めるべきと考えました。

かつてスサノオとの誓約の際に誕生した自身の子であるアメノオシホミミに地上を治めるよう命じます。

しかし、地上の様子を見て難しそうだと感じたので相談した結果、まずは使者を遣わすことにしました。

ところがこの使者、地上に下りたきりで音信不通になります。

続けて送った者も同じようになってしまい、いよいよ建御雷神(タケミカヅチ)という勇猛な神を向かわせることに。

タケミカヅチは、オオクニヌシの息子である八重言代主神(ヤエコトシロヌシ)を畏れさせ、建御名方神(タケミナカタ)を力比べで圧倒します。

その上でオオクニヌシに迫ると、「天に背くことはありません、ただ立派な御殿を建てて頂きたい」と言いました。

天界はそれを了承し、出雲の土地に壮麗な御殿を建ててやり地上は天界の者が治めることになったのです。

天孫降臨から天皇の系譜へ

天孫降臨

いよいよ地上の統治のためにアメノオシホミミが下る準備をしていたのですが、途中でタカミムスヒの娘である妻との間に天孫瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が生まれます。

アメノオシホミミは自分ではなく、この子こそ地上を治めるべきと考えアマテラスも了承します。

そして猿田毘古神(サルタヒコ)の先導で、アメノウズメなどを伴って地上へと下っていくのでした。

彼らは日向の地に降り立ち、そこに宮殿を建てて暮らすことにしました。

この際、アマテラスがニニギノミコトに授けたのが三種の神器(八尺瓊勾玉・八咫鏡・草薙剣)です。※

※草薙剣はスサノオがヤマタノオロチから取り出した天叢雲剣が、後に天界のアマテラスに献上されたもの

コノハナサクヤビメとの出会い

降臨後ニニギノミコトは笠沙御碕で木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)という美しい娘と出会います。

彼女はオオヤマツミの娘で、ニニギノミコトは彼女に求婚するのですが、オオヤマツミは姉である石長比売(イワナガヒメ)も一緒に娶ってほしいと言いました。

しかし、イワナガヒメは身体はとても強かったのですが、妹のコノハナサクヤビメと対称にとても醜い容姿をしていたのです。

オオヤマツミは二人を娶ることによって繁栄と永遠を兼ね備えることができると考えたのですが、ニニギノミコトはイワナガヒメを送り返してしまったのでした。

コノハナサクヤビメと結婚したニニギノミコトは一夜の契りを交わし彼女は身籠りました。

ところが、ニニギノミコトはその子が自分との間のものではないのではと疑念を持ちます。

疑いを晴らすために彼女は、占いとして火を放った産屋の中で出産をしました。

こうして生まれたのが三人の子、火照命(ホデリノミコト)・火須勢理命(ホスセリノミコト)・火遠理命(ホオリノミコト)です。

ホデリノミコトとホオリノミコトは、またの名を海幸彦山幸彦といいます。

海幸彦と山幸彦

海幸彦と山幸彦はそれぞれ海と山の恵みを得て暮らしていました。

ある日ヤマサチは兄のウミサチに、「一度役割を交換してみないか」と提案します。

ヤマサチは海に向かったのですが、成果は挙がらずおまけにウミサチの釣り針を失くしてしまいます。

そのことを兄に打ち明けるとウミサチは怒り、意地悪にも無くした針を見つけて来いといいました。

ヤマサチは自身の十束剣を砕きたくさんの代わりの釣り針を作って許しを請うのですが、ウミサチは許しません。

途方に暮れてヤマサチが海辺で泣いていると、塩椎神(シオツチノカミ)が現れ事情を聴いてくれました。

そして、彼の助言に従って海の神である大綿津見神(オオワタツミ)のもとを訪れることに。

ワタツミの娘の豊玉毘売命(トヨタマビメ)と出会ったヤマサチ、トヨタマビメは彼に一目惚れしました。

ヤマサチはワタツミの御殿に招かれ、二人は結婚し三年の時をそこで過ごします。

神武天皇への系譜

ワタツミのところで幸せに暮らしていたヤマサチですが、ウミサチとのことを思い出し思い悩むようになります。

それを見て心配したワタツミとトヨタマビメは事情を聴き、魚たちを呼び寄せ腹の中から釣り針を見つけ出してやりました。

ワタツミはヤマサチに「釣り針を返す際に彼が不運になる呪いをかけて懲らしめてやりなさい、もしウミサチが怒ったらこの潮盈珠を使って溺れさせてやるといい」といいます。

ヤマサチがそれに従い、ウミサチを懲らしめると兄は頭を下げ、これからはヤマサチの守り人となって仕えることを誓いました。

これにより、ヤマサチは正統な天孫としての地位を得ます。

その後トヨタマビメは子・鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズ)を産むのですが、出産の間は海の生き物の姿に戻ってしまうためにヤマサチに決して見てはいけないといいました。

しかし、ヤマサチは我慢できずに覗いてしまい、恥ずかしく思ったトヨタマビメは子を残しワタツミのところへ帰ってしまいました。

それでも、夫と子を想う気持ちがあったので、妹の玉依毘売命(タマヨリビメ)を送って子の養育をさせました。

やがて、ウガヤフキアエズは自身を育て、叔母でもあるタマヨリビメと結婚します。

そして二人は四人の子を設けました、この四兄弟の末っ子神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコ)こそが初代天皇である神武天皇です。

すなわち、遡れば天皇家はアマテラスの子孫ということになりますね。

日本神話が編まれた目的として、皇家の正統性を示すということは大きいでしょう。

以上が大まかな天皇家までの流れです。


その他

ヤマトタケルの活躍

第十二代・景行天皇の皇子である小碓命(オウスノミコト)が後の日本武尊(ヤマトタケル)です。

ヤマトタケルには大碓命(オオウスノミコト)という兄がいましたが、兄は性格に難があり父と仲が悪かったのでした。

そのため兄は食事の席にも顔を出さず、天皇はヤマトタケルに兄を説くようにいいました。

それでもオオウスノミコトが現れないため、ヤマトタケルに尋ねると、兄が全くいうことを聞かないので殺してしまったというのでした。

皇子の荒々しい一面を知った天皇は、敵対勢力の平定に適任ではないかと考え、九州の熊襲(クマソ)を討つことを命じます。

強敵であるクマソを倒すためヤマトタケルは策を練り、叔母である倭姫命(ヤマトヒメ)から衣装を借りて女装し、隙を突くことにしました。

計画通りクマソのところに入り込んだヤマトタケルは、宴の席で不意を打ちクマソを倒して西方を平定します。

その後都に戻ったヤマトタケルに、天皇はすぐさま東方の征討を命じます。

これにはヤマトタケルも戸惑い、父は自分のことをなんと思っているのだろうかとヤマトヒメに相談したところ、彼女は彼に剣と困ったときに開ける袋を授けました。

そして后であった弟橘比売命(オトタチバナヒメ)らと共に東へ出発したのですが、尾張国で美夜受比売(ミヤズヒメ)と出会い、結婚の約束をします。

さらに進み駿河に至ったところで地方の豪族に襲われ、草原で周囲に火を放たれてしまいました。

絶体絶命の状況でヤマトタケルはヤマトヒメからもらった袋を開けると、中には火打石が。

剣で草を切り倒し、火打石で迎え火を起こしてなんとか難を逃れることができました。

このとき用いた剣こそが三種の神器の一つ天叢雲剣であり、草薙剣と呼ばれるようになった所以でもあります。

やがて相模国で海を渡ることになったヤマトタケルですが、海路を甘く見て神の怒りをかったために海は荒れます。

オトタチバナヒメは神の怒りを静めるために歌を詠んで海に身を投じると、嵐は収まったそうです。

妻の犠牲により海を越えたヤマトタケルは、東国を平定し後にミヤズヒメと結婚しました。

しかし、伊吹山の荒神を退治に向かう際、相手を侮り草薙剣をミヤズヒメに預け出ていってしまい、さらに神の逆鱗に触れたことで激しく傷つき伊勢の地で倒れてしまいます。

彼の霊は白鳥となって飛んでいってしまったとか。


かなりざっくりした内容ですので興味を持った部分は詳しく調べてみると面白いかもしれません。

必要に応じて追記、修正します

おすすめ

スポンサーリンク
google adsense



google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense