綾辻行人『人形館の殺人』

「館シリーズ」の四作目となる「人形館の殺人」を読んでの感想など。

ネタバレ有無両対応です。

シリーズのその他の作品についてはコチラ

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷――顔のないマネキン人形が邸内各所に佇(たたず)む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読み(カウントダウン)はすでに始まっていた!?

作品紹介

島田の旧友・飛龍想一は他界した父が住んでいた京都の館で暮らし始めることに。

館内には体の欠けたマネキン人形たちが飾られている。

少しずつ想一を取り囲む”脅迫者”の影。

街で起きる連続通り魔殺人。

遠く見える過去の記憶。

迫る危機を感じ、とうとう彼は島田にも助けを求めようとするが・・・

これまでのシリーズとかわって閉ざされていない館を舞台とした異色の作品です。

感想

文学的な魅力の強い作品

今作の大きな特徴といえるのが主に二点。

一つ目に、今回の舞台は”嵐の孤島”ではありません、京都の街内にある一軒のお屋敷です。

そして、作品内での時間が非常に長く、これまでの作品とは違った趣向の舞台設定となっています。

二つ目は、人間の心情の描写。

綾辻氏の書く文章はどれも普通に読み物としても素晴らしいと思いますが、本作は特に力が入っているように感じました。

揺れ動く人間の内面を巧みに描いています。

それは、人里離れていない場所での物語だからこそ際立って見えるのかもしれません。

全体としての感想はやはり異色の一言。

しいて言うならば、読み終えて「何か」が心に強く残る作品かな。

毎回言ってるような気もするけれど、人を選ぶ作品なのは間違いないと思います。

時館も楽しみ。

Q: どこまでが「出題編」?

A:第八章までと思います(個人的な感覚です)


以下はネタバレを含む内容になります。悪いなここから先は既読者用なんだ。

開く

推理の組み立て

今回は推理はあまり必要ない、アトリエの密室を考えれば焦点は一つ「隠し通路はあるのか?」それに尽きる。もし存在するならば犯人は架場が妥当だろう、あるいはそれを知ったうえで想一が罪を着せようとしたか。これでもまあまあ形にはなるが、できるだけ最後に考えたい可能性であった。

では隠し通路が存在しなければどうか、想一以外はおそらく無理だ。しかし、これは彼の視点の物語。心情描写を虚偽なく成立させるなら多重人格であることが必然。過去の記憶がなかったり、病院にいたことなどそれらしい要素は揃っている。そう考えれば”脅迫者”視点のパートの記述も納得がいく。おそらくこれで正解だろう。一度疑ってしまえば、読み進めるほどに線が繋がっていった。

本当の罠

今作の最大の見どころは、「人形館」などというものがそもそも存在しないことだろう。シリーズのお約束にも慣れてきた読者に「気を抜くなよ」とでも言っているかのよう。

この作品、事件部分だけを見れば「館シリーズ」である必要性を感じられないというのが正直なところである。しかし、この「騙し」は館シリーズでないとできない、シリーズ中に忍ばされた罠・番外編といったところか。

個人的には、この発想自体については素晴らしい、よくぞやってくれたと絶賛し感謝したい。ただ、それと組み合わせた事件部分もまた異色、この作品は異色と異色を混ぜたものともいえる。故に、期待していたモノからあまりにかけ離れていると感じる読者もいたのではないだろうか。

徒然

疑問や気になった点などをいくつか、

  • ◎辻井の死について、想一は重要な容疑者にはならなかったのか
  • 木津川は本当に盲目だったということでいいのか
  • 完成品の人形は六体のパーツを合わせたものだろうか

いざ挙げようとすると全然思いつかない・・・。あとがきによれば、この作品は多重人格という設定が主要になる以前に書かれた作品とのこと。そう考えるとすごい、これだけの完成度のものを生み出し、それを館シリーズにぶち込んでくる度胸と、常に読者を飽きさせず楽しませようとする姿勢には脱帽と感謝しかありません。

ところで今作の館に置かれていた体の欠けたマネキン人形、これはすぐにアレだよなぁ・・・と思いました。きっと後々「秘密の部屋」への道標となってそこには最後の人形が・・・みたいなシーンを妄想しながら読んでいました、期待通りにはいきませんでしたが。想一の過去や両親についての事実は思ったよりもあっさりしていて、派手な展開を好む私には少し物足りなさもあります。

推理小説として見るなら個人的には決して好みの分野ではないのだが、それでも読んでよかったと思わせてくれる氏はやはりすごい。特に、読み終えた直後にもう一度読み直したいと感じたのは今のところ本作が一番ではないかと思う。それでも次巻を読みたいという気持ちには絶対に勝てないのは生者必滅の業か。

 

スポンサーリンク
google adsense



google adsense



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google adsense